高単価のアフィリエイトVS低単価で薄利多売のアフィリエイト

アフィリエイト、高単価で取るか、低単価で取るかというお話ですね。

難しいところですよねこの問題は。先に私の話をしておきますと、私は両方やっています。いやいや、結論にもなってないじゃないか・・・というツッコミが来そうですね。

でも両方やっているのには理由があるのです。

高単価アフィリエイト案件の特徴

高単価のアフィリエイト案件の特徴を考えてみます。

  • 情報商材
  • 投資商品(FXや仮想通貨など)
  • 保険商品
  • 通信商品(フレッツ光など)
  • クレジットカード等

このような案件が高単価となっています。基本的にはお金の動きが大きい商品がそのまま成果報酬も大きくなっているという考え方をして問題ないと思います。

では実際にこれらの商品がアフィリエイトで成果を出すのに適しているのか・・・。

単純に適しているかいないかで言えば、あまり適してはいません。

なぜなら、PRの仕方が難しいからです。

これらは専門的な分野と言われています。

説明する側には専門的な知識が必要であり、読者側も専門的な知識を求めています。

そうなると、上辺だけの説明で購買意欲にはつながりません。せっかく検索から自分のサイトに来てもらえても、満足出来ず、すぐに違うサイトへ移っていってしまうことでしょう。

これらのジャンルはアフィリエイト業界では高単価として有名ゆえに、多くの人がチャレンジしていきます。そして・・・多くの人が散ってゆく分野でもあるのです。

しかし!

裏を返せば専門的な知識を持った人間であれば、ライバルは多いものの、ライバルは弱いので、稼ぐチャンスは十二分にあるということになります。

あなた自身が何かを調べる時、検索をしますよね。

例えば、「仮想通貨 わからない」と調べたとします。

一番上に出てくるサイトで満足出来なければ戻って二番目、それでダメなら三番目という具合に違うサイトを見ていくことになると思います。

仮に検索で上位に表示させるプロが参入していても、その人に専門的な知識がなければ、逆転の目もあるということになるわけです。

高単価アフィリエイトのメリット・デメリット

高単価アフィリエイトのメリットとしては、一回成果が挙がればそれだけで1万円2万円という大きな金額を手にすることが出来る点にあります。

しかし、その分前述のように成果を出すためには専門的な知識が必要ということになります。

また、単価そのものが大きい分、仮に月30万円を目標とした際、40万になることもあれば10万に届かない月も出てくるなど、成果にバラつきが出ることも確かです。

アフィリエイトを仕事して考えるのであれば、バラつきが出ると計算がうまくいきません。

出来る限り毎月平均的な収益が出る方が望ましいですからね。

低単価アフィリエイト案件の特徴

低単価のアフィリエイトの特徴を見ていきましょう。

  • 人気商品の販売
  • 無料登録で成果発生
  • 無料ダウンロードで成果発生

わざわざブログで宣伝されずとも、すでに人気になっていて知名度があるものであっても、アフィリエイトが出来る案件というのはあります。

しかしやはりそういう案件は単価が低く設定されています。

他には無料登録で成果が発生する案件が非常に多くなっています。

例えばオンラインゲーム、スマホゲームなどの無料登録で100円、200円もらえる案件もあるので、成果発生までのハードルが非常に低く設定されています。

ですから、なかなか成果が出ないアフィリエイターが自信をつけるための一歩として扱うにはとても向いています。成果が発生するとモチベーションも上がりますからね。

低単価アフィリエイトのメリット・デメリット

低単価アフィリエイトのメリットとしては、薄利多売の稼ぎ方になるので、高単価と同様に月30万円という目標が仮に達成出来た場合、大きなブレは出ないものと思います。

25万~35万くらいで安定することでしょう。

しかし、デメリットとしては、そこまで持っていくのがとてつもなく大変だということです。それだけの登録数を稼ぐのは正直気が遠くなります。

また、デメリットはそれだけではありません。

無料登録系のアフィリエイトは入れ替わりも激しくなりやすいです。

そのため、せっかく広告を貼って良い成果が出てきたのに、そのアフィリエイト案件がなくなってしまい、広告の差し替えを余儀なくされたという話もよくあることです。

ですから、成果自体は安定するものの、稼ぎそのものが本当に安定するかどうか、という視点で見るとそうとも言い切れないのが実情なのです。

まとめ

以上のことから、私は高単価アフィリエイトと低単価アフィリエイトを併用しています。高単価アフィリエイトで大きな収益を狙いつつ、低単価で最低ラインの底上げをしているのです。

これであれば、お互いに足りない部分を補う形で運営していくことが出来ます。

低単価狙いの方はこちらがオススメになります。

関連記事

げん玉とモッピーを代表とするポイントサイトは、私がアフィリエイトを始めた2006年頃にはすでに存在していました。私は特にげん玉にお世話になりました。 自己アフィリエイトは稼げるとコチラの記事でも紹介しました。 [sitecard[…]

アフィリエイトは稼げない時期はつらいものの、稼げるようになってくるととんとん拍子で稼げるようになるものです。諦めずに毎日努力を続けていきましょう。

最新情報をチェックしよう!